日本でも多くの人が利用しているiphoneですが、2007年に初代iphoneが発売されてから常に進化を続けてきました。初代iPhoneは3.5インチのボディで、カラーバリエーションはブラックのみというとてもシンプルなバリエーションでスタートしています。それでも当時日本ではガラケーを使っている人が圧倒的に多かった時代だったので、そのような時代背景でiphoneはスタートしています。

そこから毎年のように新作を発表して次第に画面が大きくなっていきました。スティーブジョブズがこだわっていたのは手に収まる最適なサイズとして3,5インチにこだわっていました。多くの人がこのサイズに慣れていたところに大画面のディスプレイの新作が発表されるようになり、今では大画面のiphoneは当たり前のものとなっています。日本でもスマホを使ってゲームをしたり動画を見たりする人が多いので、そのような日本人の特徴に大画面のiphoneはとても優れています。

今後さらに進化することが期待されていますし、進化しなければいけないのがiphoneなのです。だからこそ毎回新作が出るたびに、どのように進化しているのかを多くの人が見守っているのです。多くの人が当たり前のように使っているiphoneもアップルの企業努力があったからこそ、常に進化し続けてきた歴史があるのです。当サイトではiphoneの進化と歴史について解説しています。このサイトを通じて進化を歴史を知っていただけたら幸いです。


《《 iPhoneに関する外部リンク~故障編~ 》》
進化したiPhoneでも、落としてしまったりすると故障するおそれもあり、修理が必要になるでしょう。故障した箇所によって料金は異なりますので、こちらをご参考下さい ⇒ iPhone故障 料金